バドミントンのジュニア練習方法

ここではバトミントンが上手くなる為のジュニア選手の練習方法などを中心にお伝えしています。
上達の参考になれば幸いです。

バトミントンのジュニア練習方法記事一覧

シャトルリフティングの練習を行っていますか?バトミントンを始めたばかりのジュニア選手の最初に打つ練習方法として最適なのが、サッカーのように、シャトルを連続して上げるシャトルリフティングですね。イースタングリップで握り、ラケットの両面を使ってグリップを握っている手のひらを上にしてフォアハンドにしたり、下に向けてバックハンドにしながら天井に向けて打ち上げます。ですが、上手く当たらないと飛ばないので、ラ...

ノックの練習を行っていますか?バトミントンを上達するうえで、ノックの練習は欠かせませんよね。そもそもノックをする目的の一つに、正しいフォームを身につけさせることがあります。特に初心者の小学生のジュニア選手なら、ラケット(グリップ)の握り方を間違えずに出来ているかなど、上達に合わせたノックをする必要があります。例えば、イースタングリップをマスターするには、オーバーストロークでは上から振り下ろすように...

バトミントンの練習メニューはどのように組んでいますか?どこの学校やクラブでも一般的に行われている練習に反面練習がありますね。これは1コートを半分に分けて、制限して行う練習方法で、一人でも多くの子供をコートに入れてシャトルを打たせて上げることが出来ます。とても効果的な練習ではありますが、問題点もあります。それば、コートを分割して制限することで、近くに飛んでくるショットばかりになり、遠くのシャトルを取...

パターン練習の目的を理解して行っていますか?小学生のバトミントンのジュニア選手も試合で勝つには、コート上に複数の選手が入り、実戦のラリー想定してシャトルを打つパターン練習が欠かせませんね。これはご存じだと思いますが、基本的には練習する選手に対して相手を2〜3人つけてラリーを行います。これは返球する選手はもちろんですが、シャトルを出す側も練習の目的を理解して、試合と同じようにコントロールして打ち出す...

プッシュの練習はどのように行っていますか?小学生などのバトミントン初心者がプッシュの練習をする時には、ネットよりやや上のシャトルをスマッシュするような感じで打ってみると良いですね。何故なら、オーバーヘッドストロークから、強くて角度のあるシャトルを打つのがプッシュの理想だからです。強く打てれば弱くも打てるのです。ですので、まずはネット前から強くて鋭角的な角度のある球を打つという感覚を掴むと良いでしょ...

小学生などのバトミントンのジュニ期に必要なトレーニングはどのようにすれば良いと思いますか?そもそもバトミントンに必要な身体的な要素としては、状況に応じて軽快に動ける敏捷性やスピード、スタミナ、筋力、パワーなどがありますね。これらを鍛えるにはシャトルを打たないトレーニングも、バトミントンのジュニア期には欠かせません。ただ、体が成長途上の子供には、パワーなどをつけたりする本格的なトレーニングは怪我をす...

バトミントンの上達の為には素振りは欠かせない練習ですね。特にジュニア選手の場合は、基本フォームで正しく振れるようにすることが大切です。例えば、オーバーヘッドストロークなら、壁に沿って素振りの練習をすると効果的です。と言うのも、他のストロークが肘を使って主にスイングするようになりますが、オーバーヘッドのスイングの場合は、 相手に対して、自分の身体を斜めに向けた体勢から上半身を正面に向ける時の反動を利...

バトミントンで、鋭いスピードあるスマッシュを相手コートに突き刺した時には実に爽快な気分になれますね。そんなこともあり、どのようにすればスマッシュが速くなるか、練習方法やコツがあれば知りたいと思っているの小学生のジュニア選手も多いことでしょう。また、タイミングが合わなかったり、打点が分からない、シャトルが浮いてしまうという声も良く聞きます。ですが、これはやはり自分で何本も打つ中で感覚を掴むしかないで...

スマッシュが速くなるには、どのような練習をすれば良いと思いますか?バトミントンのトップのジュニア選手になればネット前で鋭いスマッシュを相手コートに突き刺してきます。そんなスマッシュが速くなる練習としては、まずは全力でたくさん打つことです。はじめは10本でも20本でもいいので、自分に合った本数を決めて毎日続けることが大切です。最初はノックで打ちやすいところに上げてもらって、その場で打つようにし、スト...

バトミントンでは速くシャトルのの下に入ることが重要だと言われますね。何処でどんなショットを打つにしても、質のいい球を返す為にはそれが欠かせないからです。では、どんな練習をすれば動きを速くすることが出来るのでしょうか?そのポイントとしては、出来るだけ歩数を少なくして、体をぶらさずに移動することです。それにはフットワークを磨く必要がありますが、どうしても疲れてくると上半身(体幹)がぶれやすくなってくる...

離れた場所に来たスマッシュをレシーブすることが出来ていますか?特にジュニア選手は、相手のショットをうまく返球できないという悩みも多いと思います。構えたポジションからある程度の高さで打ち返せるようになってきたら、今度は自分の体から離れた場所に飛んできたスマッシュに対して一歩踏み出してレシーブしていきましょう。バックの場合も、フォアハンドで打つ時と同じように右足を踏み出して行うことが基本なんですけど、...

ロブの練習を行っていますか?バトミントンにおいてロブはゲームを作る大切なショットになるので、小学生のジュニア選手も、試合に勝つためにはしっかり練習しておくことが大切だと思います。一般的には、カットやドロップ、ヘアピンに対するレシーブとして用い、深くにあげて自分の守りとして使うだけではなく、相手を追い詰める攻撃としてロブを使えるようになると戦術的な戦い方が出来るようになれかと。(^-^;良くロブが上...

バトミントンで試合に勝つためには、ジュニア選手もヘアピンの練習をしっかりやっておくことが必要だと思います。ネットを制するものがゲームを制するという言葉もあるように、ヘアピンは、ドロップやカットなどでネット近くに落とされたシャトルを前に移動しながら、相手のネット際に小さく落とすショットになりなりますからね。それには、素早く前に詰めて出来るだけ高い打点で、ラケットの面を安定させて打つことがヘアピンでの...

バトミントンでは、とっさに動けるようにフットワークの練習もしておく必要もあると思います。何より、バトミントンは、シャトルを相手の予測した場所とは違うところに打って、先手をとる競技ですからね。なので、自分の予測とは違う方向に打たれることも多いので、そうならないためにも、相手のわずかな動きを見て、次にどんなショットがどこにくるのか、素早く読む必要も出てくるかと。足が速ければコート内での動きも同じように...

バトミントンのシングルスで勝つには、練習方法が大切になると思います。何故なら、広いコートを一人で攻めて、守らなければいけないがシングルスだからです。その為、シングルで勝つには、相手にどこにシャトルを打つのかわからないようにして、動かすようにすることが大切だと思います。例えば、ヘアピンかロブかわからないようなフォームでネット前に入って、相手が迷っているいるうちにロブを打って攻めたり・・・。そして、相...

小学生のジュニアのバトミントンのノック練習においても、フィーダー(ノッカー)の果たす役割はとても大きいと思います。何故なら、手投げノックなどの練習において、いかに選手が課題をクリアするうえでの適切なタイミングやスピードでシャトルを出せるかなど、技術面が求められるからです。更に、より早く上達しようという積極的な姿勢なるような雰囲気作りも大切になるかな。なので、指導者の方は、自分が上手く出来るように研...