ストロークの基本

バトミントンには、オーバーヘッドから繰り出されるスマッシュやクリア、アンダーハンドで打つサービスやロビングなど、様々なショットがあります。
ここではそんなシャトルを打つストロークの基本についてお伝えしています。バトミントンの上達の参考になれば幸いです。

ストロークのコツ記事一覧

スマッシュの打ち方をご存じですか?バトミントンの醍醐味は何と言っても頭上の高く跳んでいるシャトルをトップスピードで相手コートに打ち込むスマッシュですよね。小学生や中学生のジュニア選手もかっこよく打ってみたいと言う子供たちも多いものです。その為、まずはそうした気持ちを満足させてやる気を持たせる為にも、オーバーヘッドから繰り出すショットを教えてあげると良いですね。その代表的なのがスマッシュで、その他に...

フォアハンド、バックハンドストロークが上手く出来ますか?オーバーハヘッドストロークからのショットであるスマッシュがバトミントンの花形なら、アンダーハンドストロークからのフォアハンドやバックハンドは攻撃の支え役的な役割ですね。鋭く打ち込まれたスマッシュなど、腰より下に落ちてきた球を返す時や、ネット際に落とされた時など、守備にまわっている時に使うことが多いです。相手に追い込まれた際に、滞空時間の長い球...

ネットプレーが上手く出来ていますか?ネット前を制する者は勝負を制すとも言われ、バトミントンのトップとして活躍する選手は、みなネットプレーが上手いものです。そして、ネット前とは読んで字のごとくネットの前で行うプレーになりますが、ネットすれすれに落ちてくるシャトルは、近いほど相手にとって返球しにくくなります。相手にネット前に落とすと思わせて、コートの奥に返すようにすれば相手の体勢を崩すことも出来ますね...

ヘアピンの打ち方をご存じですか?ヘアピンの基本は、相手のコートから飛んできたシャトルをネット際ぎりぎりにストンと落とすことですね。少々浮いてしまっても、相手から遠い位置に落とすことが大切です。そんなネットプレーで必要なヘアピンの打ち方のコツは、打つというよりもどちらかというとラケット面にシャトルを乗せて、持ち上げるような感じで相手のネットに出すようにすることです。また、ヘアピンも、フォアハンドとバ...

バトミントンのスピンネットの打ち方が上手く出来ていますか?スピンネットはヘアピンを高度にしたもので、シャトルにスピンをかけ羽根を下にして落とします。そもそもシャトルは、上の部分が羽根で、下はコルクで出来ているので、シャトルを打つと重さがあるコルクの部分が下になって飛んできます。このシャトルにスピンを掛けることでコルクが上になり、羽根を下にして相手のコートのネット際に落とすようにするのがスピンネット...

ロビングの打ち方をご存じですか?一般的にロブと呼ばれるロビングは、アンダーハンドストロークで打つショットで、お腹より下に飛んできたシャトルに使います。そして、ロビングは守ってよし、攻めてよしの一本です。例えば、後方にいて、ネット前に飛んできたときには、ロビングで高く深く飛ばして、長い滞空時間を利用して、自分の体勢を立て直したり、ラリーなどでの速いテンポのリズムを変えるなどといった場合に良く使われま...

頭上に飛んできたシャトルを高い位置で打つ、オーバーヘッドストロークから生まれるショットには様々ありますが、変えてはいけないものがあるのをご存じですか?それは、オーバーヘッドストロークのフォームです。そして、オーバヘッドからのショットの球種には、スマッシュ、ジャンピングスマッシュ、クリア、ハイクリア、カット、カットスマッシュ、リバースカット、ドロップなどがあります。そして、右利きの場合なら、右足を引...

クリアーを上手く打つことが出来ていますか?遠くに飛ばないなど、悩みがあるジュニア選手も少なくありませんね。クリアーはオーバーヘッドストロークの代表的なショットですが、高さを変えることで攻撃にも守備にも使えることから、小学生のバトミントンジュニア選手でも、ラリーがしっかりが出来るようになるには、クリアーの打ち方をしっかりマスターしておくことが大切です。主に守備に使われるのが高く奥深く飛ばすハイクリア...

相手の足元に落とすショットであるドロップが上手く打てますか?バトミントンでの高く入ってきたシャトルに対抗する球種になり、ドロップの打ち方は、オーバーへッドストロークが基本になりますね。スマッシュやハイクリアなどと同じ打ち方になり、出来るだけそれらのショットと区別がつかないようなフォームにする必要があります。例えば、スマッシュと同じようにスイングして、ラケットがシャトルに当たるインパクトの瞬間に力を...

アンダーハンドストロークが上手く打てますか?ウエストより下に落ちてきたシャトルを打つ時に使い、プレーを支える基本のストロークになりますね。スマッシュを鋭く打ち込まれた時やネット際に落とされたシャトルを返す時などに使います。このアンダーハンドストロークは、守りの際に使うことが多く、相手に追い込まれた場合などに、滞空時間の長いシャトルを相手コートに打つことで、自分の体勢を整えることが出来ます。アンダー...

サイドへのシャトルを強く打ち返すことが出来ていますか?頭の高さから腰の高さまくらいまぢ飛んできたシャトルお打ち返す時の打ち方で、返しのショットとして多用するのがサイドアームストロークですね。そんなサイドアームストロークの打ち方は、体の横でスイングをしますが、ラケットは上から下に立てた状態から振り始め、シャトルは体の前で捉えるようにするのが基本です。インパクトの瞬間は手首のスナップを効かせて、ラケッ...

プッシュが上手く打てますか?ネット際に浮いた球を、相手コートに押し込むように返球するショットがプッシュですね。そんなプッシュの打ち方のコツは、フォア側ならネット前でラケットを上から振り下ろすことから、肘をやや高くして構え、ラケットヘッドを上げて、高い位置から白帯めがけて振り下ろすようにスイングします。この時には、体の正面でなく頭一つ分くらい少し横でシャトルを捉えて、相手の速い返球に備えて胸のあたり...

カットが上手く打てますか?ご存じだと思いますが、バトミントンのカットとは、ドロップと同じくスマッシュやクリアに見せかけて力の抜けたシャトルを相手コートに落とすショットです。その為、打つ直前まで相手に悟られないように、他のオーバーヘッドストロークのショットと同じフォームとリズムで打ち分けることが大切です。また、ドロップがシャトルを正面から打ってインパクトで力を抜く打ち方に対して、カットはスイングを弱...

バトミントンのハイバック(クリアー)が飛ばないなど、上手く打てないという悩みはありませんか?ハイバックは、背後に打たれたシャトルを相手に背を向けてバックハンドで高く遠くに打つショットですね。相手コートの奥深くに飛ばすことで、守るだけの劣性の状態のラリーを立て直すことが出来るのです。とは言え、小学生のジュニア選手でコート奥からギリギリにネット越すぐらいしか飛ばないなど、悩みがある選手も少なくないでし...

バトミントンの試合で、プッシュでミスをしてしまうという悩みはありませんか?ネット前にシャトルが上がり、チャンスと思ってプッシュを打つとネットにかけるなど、ミスしてをしてしまうという経験をしたことがあるジュニア選手も多いのではないでしょうか。このようになるのは、チャンスに決めたいと思うあまり体の動きが大きくなってしまい精度が悪くなってしまうからでしょう。たいていラケットを振りかぶりすぎていたりするこ...